不動産、相続、事業承継

お気軽にお問合せください

03-6902-1741

不動産

不動産活用

土地活用の抑えておくポイント

土地活用の抑えておくポイント

土地活用をする際には借地権と底地権に関する基本知識は欠かせません。
なぜなら、借地権者と底地権者は同じ土地の上に異なる権利を有しているからです。
そうした権利の違いが土地の評価額にも表れてきます。

・時価の下がりにくい都市部の物件
現預金を不動産に変えて相続税評価額を抑えるためには、時価の下落リスクが少ない都市部の不動産を保有するのが得策です。これは、相続税評価額を下げる一方で、将来、不動産を売却するときでも資産価値が保たれるためです。

・設備投資の一環として優遇税制を活用
法人が不動産を取得する用途としては、事務所、店舗、工場、社宅、収益用物件などさまざまなものが考えられます。いずれの場合も、土地や建物にだけでなく、備品や機器などの設備にも投資します。設備投資では少額減価償却資産の制度や中小企業等投資促進税制などの優遇税制を活用し、トータルの税額を抑える工夫も有効です。

・必要に応じて不動産で調整
後継者には事業用不動産や法人の株式を承継させ、後継者以外の相続人には自家用不動産や収益用不動産を承継させるというように、遺産を公平に配分するためのツールとして不動産を活用する方法があります。

また、事業承継に際しては、第三者に事業譲渡をしたり、会社分割をしたりするケースも考えられます。事業譲渡や会社分割の対価をもう少し抑えたいというときに特定の不動産を対象から外すなど、不動産を調整する手段として活用する方法もあります。

不動産、相続、事業承継 エールパートナー

〒112-0013 東京都文京区音羽1-20-14 MBS音羽ビル6階